“蛤鍋屋”の読み方と例文
読み方割合
はまなべや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岩五郎の乾分が、ばくち場で、ちらと、妙なことを口走りましたから、帰りを誘って、蛤鍋屋へつれこみ、かまをかけて、訊いたんです。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蛤鍋屋へでも行って、飲みながら話すとしよう。こう、くびが、何時までもぞくぞくしやがっていけねえ』
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蛤鍋屋の奥で、町内の顔役が笑っていた。
醤油仏 (新字新仮名) / 吉川英治(著)