魚紋ぎょもん
今夜も又、この顔合せでは、例によって、夜明かしとなること間違い無しである。 更けても、火鉢に炭をつぐ世話もいらない程の陽気だし、桜花も今夜あたりでおしまいだろう、櫺子の外には、まだ戸を閉てない頃から、春雨の音がしとしとと降りつづいていた。 …
作品に特徴的な語句
夫婦いっしよ おおび てめえ しょん どう 退 かえ 上手うま から しゃ 仕舞じまい もつ かけ 情夫まぶ ただ すり 矢張やっぱ もの 確乎しっか とじ 素裸すはだ のり 仕掛じかけ くく でん にく りき へり せき ぎょ 売女おんな 如何いかが 書肆ほんや 賭博かけ 徒輩てあい ずり うしろ ひるが 中洲なかす あるじ 騒々ざわざわ 戸外おもて 仮面かめん 使つかい にせ 兄哥あにき つら 情婦おんな じっ 白魚しらお しお いと 恟々おどおど 召捕あげ むつま 桜花はな ろう 退 外科げか 夜更よふけ ひっさ ひと 賭金かけがね 小費こづかい おそ ひで しるし うち 脱兎だっと ふち 脚絆きゃはん 背後うしろ めぐ 縁故えんこ 綽名あだな 網袋あみぶくろ 玄庵げんあん 燈芯とうしん 獄門ごくもん