“縁故”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えんこ86.2%
ゆかり6.9%
えにし3.4%
ちなみ3.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さようでございます。むかしからのご縁故えんこで、わたくしは、どこでもよいから、徳川さまのご領地りょうちに住みたいと願っております」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もつと親密しんみつなる海軍大佐櫻木重雄君かいぐんたいささくらぎしげをくん縁故えんこひとやうおもはれるが
「君が来たんで生徒も大いに喜んでいるから、奮発ふんぱつしてやってくれたまえ」と今度は釣にはまるで縁故えんこもない事を云い出した。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私は、彼女の地位、縁故えんこ等が彼に合つてゐる故を以て、家柄いへがらや、恐らくは政略的な理由の爲めに彼が彼女と結婚しようとしてゐるのだと思つた。
ところが、ここに、幸いなことには、思いがけない縁故えんこ辿たどって、いろいろあの山奥の方の地理や風俗を聞き込むことが出来た。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
少時しばらく此地こヽ草庵さうあんを構へ、此の岡崎から発足はつそくせられた旧蹟だと云ふ縁故ゆかりから
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
自分から一席置いて隣の二人連ふたりづれは、舞台の正面にかかっている幕の話をしていた。それには雅楽に何の縁故ゆかりもなさそうに見える変なもんが、たてに何行も染め出されていた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
此の和尚は御身の如何なる縁故えにしに当る人ぞと畳みかけて問ひ掛くるに、その時、お奈美殿の落付きやう尋常ならず。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
禮「へゝえ一体彼はなんではございませんか、浦賀奉行に縁故ちなみがあるとちらりっと聞きましたが、探索方でも致して居りますかな」