黒田如水くろだじょすい
太鼓櫓の棟木の陰へ、すいすいと吸いこまれるように、蜂がかくれてゆく、またぶーんと飛び出してゆくのもある。 ここの太鼓もずいぶん久しい年代を経ているらしい。鋲の一粒一粒が赤く錆びているのでもわかる。四方の太柱でさえ風化して、老人の筋骨のように …
作品に特徴的な語句
づか ヤス せん よろ 御在オワ びょう つなが こと しょう ソモ きつ カエ めい 退 かたわ こう ささ ちが つまび かえ ぼう げん 遊女ゆうじょ ぜい はげ かわ むずか せき いず ため しっ てっ まか 心懸こころがか 細作ものみ あか 打開だかい かえ あや びん 頭髪とうはつ くっ ごう 可成よしなり ぎぬ つら りょう ぼう はず うずくま きょ 夜半やはん なぶ むろ 庖厨はうちゆう しゅ ゆる あざな たし ぎょう とも まっしぐら すい まな おと はから きっ とつ がえ こう 露出ろしゅつ
題名が同じ作品
黒田如水 (新字旧仮名)坂口安吾 (著)