黒田如水くろだじょすい
太鼓櫓の棟木の陰へ、すいすいと吸いこまれるように、蜂がかくれてゆく、またぶーんと飛び出してゆくのもある。 ここの太鼓もずいぶん久しい年代を経ているらしい。鋲の一粒一粒が赤く錆びているのでもわかる。四方 …
作品に特徴的な語句
欄間らんま 見遁みのが 対峙たいじ 裸足はだし 敵愾心てきがいしん 美濃みの 満更まんざら やじり 女々めめ 越後えちご 気儘きまま 出雲いずも 麾下きか 坩堝るつぼ 断乎だんこ なみ 白刃はくじん 足利あしかが 年月としつき 氾濫はんらん 伊勢いせ 供養くよう 午過ひるす まこと 烏滸おこ 父娘おやこ 勃発ぼっぱつ かけひ 脇息きょうそく しめ 殲滅せんめつ 和泉いずみ 撞木しゅもく 未練みれん 仮借かしゃく 忌憚きたん 塹壕ざんごう 幔幕まんまく 蔓延はびこ 喊声かんせい 皆目かいもく 膏薬こうやく 芙蓉ふよう 根柢こんてい たちばな 生木なまき 白木しらき 家来けらい 勃興ぼっこう 巍然ぎぜん ぐら 成行なりゆ 筑紫つくし 余裕よゆう さて 僧形そうぎょう 困憊こんぱい 手蔓つづる 手足てあし がん 眉目みめ 香華こうげ 頑是がんぜ 嫡子ちゃくし 毀誉褒貶きよほうへん 錚々そうそう 夢寐むび 笑靨えくぼ 述懐じゅっかい 些事さじ 遮断しゃだん 錯覚さっかく 不躾ぶしつけ さん 俯瞰ふかん 叡山えいざん 奇特きとく 経帷子きょうかたびら ゆる 癇癖かんぺき 白湯さゆ 一叢ひとむら 元和もとかず 初陣ういじん 昏々こんこん 気振けぶり 田圃道たんぼみち 際立きわだ 伯耆ほうき 当惑とうわく 伺候しこう くわ 慴伏しょうふく 浪華なにわ 討死うちじに 蹉跌さてつ 公方くぼう 悔悟かいご 燐光りんこう
題名が同じ作品
黒田如水 (新字旧仮名)坂口安吾 (著)
PR