“縁談”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えんだん76.5%
はなし23.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると、から、今度のご縁談についてりにきたといううわさが、すぐにその人々りましたから、さっそく御殿にもこえました。
赤い姫と黒い皇子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ヂュリ すぐにくわいの。……縁談斷然め、をば勝手かしてされ。明日使ひをげませうぞ。
「目代の山木様なら、よろしいご縁組とぞんじますが、もうそんなにまで、お進みになっているお縁談なのでございますか」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
洗いざらい、ぶちまけて縁談の邪魔してやる。……ご老中田沼のお殿様に、睨まれている、そればかりか、服部兄妹に親の敵と、狙われている身だとねえ
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)