“縁日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えんにち96.4%
ゑんにち1.8%
フォアール1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大入評判だ四だ五傑作ぢや大作ぢや豊年ぢや万作ぢやと口上咽喉らし木戸銭半減にしてせる縁日見世物同様
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
葉末におくほどもらずふてらすもまだき二月んと夕暮摩利支天縁日ぬるかげに。
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
博物館、劇場、喫茶店、映画館、縁日……。人が集りそうなところへはどこへでも出かけて行く。もしや、そこであの娘に不意に出逢うことがあるかと思って。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)