為文学者経いぶんがくしゃきょう
棚から落ちる牡丹餅を待つ者よ、唐様に巧みなる三代目よ、浮木をさがす盲目の亀よ、人参呑んで首縊らんとする白痴漢よ、鰯の頭を信心するお怜悧連よ、雲に登るを願ふ蚯蚓の輩よ、水に影る月を奪はんとする山猿よ、無芸無能食もたれ総身に智恵の廻りかぬる男よ …
作品に特徴的な語句
よつ 穿ゑぐ ぐひ いつ いちゞ つく 沙翁シヱークスピーヤ しやう くつ かをり かつ ともがら もや から く〻 たふ こぼ ずき しよく かうべ いう きやう ふるつ かづ にはか たゞら したがつ 狼狽うろたへ うつ 蚯蚓み〻ず をどろ うへ じゆく かかは しつ れん かたじけな いづ 単衣たんい おのづか づま いづ 表紙べうし 天国てんこく もの ほつ いへ はづ 九州きうしゆう やう 白痴たはけ 社会しやくわい 縦令たと つま 聖経バイブル かゝ まへ ちぎ はふ 洞簫どうせう 流行りうかう 如何どう 死屍しゝ 欽仰きんぎやう 無法むはう 売色ばいしよく うつゝ 学校がつこう 百度ひやくたび 商売しやうばい ばなし つも つひ 結局おち かへつ はう にほひ 北海ほつかい 文書ぶんしよ おこな じゆつ かむり 幇間だいこ いひ たと 説法せつぱう 僧侶ばうず 元来ぐわんらい おもひ かほ 上手じやうず むま