“縦令”のいろいろな読み方と例文
旧字:縱令
読み方割合
たとい46.9%
たとえ16.3%
たとひ12.2%
たとへ10.2%
たと8.2%
よしや2.0%
よしん2.0%
タトヘ2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
既になし遂げられた生活は——縦令それが本能的生活であっても——なし遂げられた生活である。その形は変易することがない。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
良人自分打死したではないか……いのはあの北條……縦令何事があろうとも、今更おめおめと親許などに……。』
縦令、それが娘自身の発意であるにしろ、男子として、殊に硬骨な父として、どんなに苦しい無念なことであらうかと思つた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
縦令ば一個所や二個所で共産組織をしたところで、それは直ぐ又資本家に喰ひ入られて終ふか、又は私が寄附した土地をその人達が売つたりして
私有農場から共産農団へ (新字旧仮名) / 有島武郎(著)
やよ聴水。縦令ひわれ老いたりとて、ンぞこれしきの雪を恐れん。かく洞にのみ垂籠めしも、決して寒気をふにあらず、獲物あるまじと思へばなり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
を分つはたゞ一瞬の苦艱なりと思ひしは迷なりけり。我身の常ならぬが漸くにしるくなれる、それさへあるに、縦令いかなることありとも、我をばな棄て玉ひそ。母とはいたく争ひぬ。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
大抵のものは泣いてしまいます。縦令ば歯を食い縛って堪えても、身体の方が承知しないで、きっと熱がる、五六日は苦しむ。これで大抵のものは降参してしまうのです。
三浦老人昔話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)