三浦老人昔話みうらろうじんむかしばなし
桐畑の太夫今から二十年あまりの昔である。なんでも正月の七草すぎの日曜日と記憶している。わたしは午後から半七老人の家をたずねた。老人は彼の半七捕物帳の材料を幾たびかわたしに話して聞かせてくれるので、きょうも年始の礼を兼ねてあわ好くば又なにかの …
作品に特徴的な語句
ばし おお かれ いゝ あき ごた くら じれ 莞爾にこり みん くゝ 縦令よしん 法師ぼっち 御下おしも こう ちっ あった ほぐ そっ はな 白痴たわけ うん いわ はな わずら おく 老爺じい じゃ おく けし おぶ あねえ 煮染にし げん 人減ひとべら やっこ あい ぐい 真向まとも いっ しゃ 附会こじつけ 大哥あにさん せん ぶん しき つま かね 罵倒こきおろ こら いや うしろ 可笑おかし 彼女かれ 強請ねだ はず だな もし けむ ものがたり うたい 容貌きりょう のた まき 葛籠つゞら ゆか 淫売じごく 浅薄あさはか 流行はやり ほて とっ あて 木葉こっぱ 朝涼あさすゞ あら 磯馴そな わたくし 老婢ばあや 溜塗ためぬ すゝき ほぞ 強請ゆす 彼是かれこ 宿しゅく 湿 さゝら