“浅薄”のいろいろな読み方と例文
旧字:淺薄
読み方割合
せんぱく56.3%
あさはか43.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平生の学問浅薄にして、至誠天地を感格する事出来申さず、非常のここに立至り申し候。嘸々愁傷も遊ばさるべく拝察り候。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
死の星である月世界なんかつまらんものだと考えていた浅薄なる僕の認識は、これによって訂正せられなければならなかった。
宇宙尖兵 (新字新仮名) / 海野十三(著)
如何に宗教上の偏見があったって、出来て了ったものを今更ら無理に引離す伯父さんでもあるまいに、そこは娘心の浅薄というようだ。
黒手組 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「平次とやら、いちいちも——その方の申すことは道理だ。金ずくで済まそうと思った私の浅薄さを勘弁してくれ」