宇宙尖兵うちゅうせんぺい
作者より読者へ うれしい皇軍の赫々たる大戦果により、なんだかちかごろこの地球というものが急に狭くなって、鼻が悶えるようでいけない。これは作者だけの感じではあるまい。そこで、もっと広々としたところを見出して、思う存分羽根を伸してみたくなって、 …
作品に特徴的な語句
つか がしら はず いそ おう そう 退さが ともな しあわせ はめ かか かご 如何いかが はず あわ かろ ついや うらやま うなず ふくら おぼ かか ろう 手巾ハンカチ ゆか だこ 嬰児えいじ ひょう 失敗しま うかが たず 掛合かけあ しゃ たとえ 赫々かっかく つかま きびす 唐突とうとつ 揶揄からか うな あらかじ 渦巻うずまき 頤髯あこひげ こと みぞ 斜向はすむか 点頭うなづ あやう 一巡いちじゅん ほがら 昏倒こんとう 浅薄せんぱく 罵言ばげん よど 繰返くりかえ つくろ 繊手せんしゅ 温和おとな 縹渺ひょうびょう しば たま ほころ 溝川どぶがわ すべ にじ しぼ 終焉しゅうえん ただよ ただ 由々ゆゆ 白毛しらが 白羽しらは まと 皇軍こうぐん しゃく 真平まっぴら 真暗まっくら 真赤まっか こぶ 痛痒つうよう ねむ こわ 笑止しょうし ようや 端正たんせい 突放つっぱな 示達じたつ 無暗むやみ わずら にら 漏洩ろうえい みは 知覚ちかく