“瘤”の読み方と例文
読み方割合
こぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「灰色のざらざらした者ではございますが、は小さくていつも笑ってゐるやう。頭には聖人のやうな立派なが三つございます。」
月夜のけだもの (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
それから中一年置いて、家康が多年目の上ののように思った小山の城が落ちたが、それはもう勝頼のびる悲壮劇の序幕であった。
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
やがて、のてッぺんにある、天狗腰掛松の下にたった竹童は、頓狂な声をだしてキョロキョロあたりを見まわしていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)