“葛籠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つづら78.3%
つゞら21.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
燈心に花が咲いて薄暗くなった、橙黄色の火が、黎明の窓の明りと、等分に部屋を領している。夜具はもう夜具葛籠にしまってある。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
その時細君が取り出して来たいくつかの葛籠を開けたら、種々反古やら、書き掛けたものやらが、部屋中一杯になるほど出て来た。
北村透谷の短き一生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
部屋の眞ん中に葛籠が引出してあつて、紙片が一枚、その上へ何やらりに載せて、二本燈心の行燈が淋しく照して居るのでした。
古い葛籠から祖父の代からのいろいろな書きつけや帳面を引つぱり出して來て見たり、古い寫眞帳をくりひろげて見たりした。
続生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)