“風信子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ヒヤシンス75.0%
ひやしんす25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春の海の香りが風信子よりもすぐれていはすまいかと同意を求めようが、更にエミ子が取り合ってくれないので、遉に気を腐らしている雄吉君を従えて、長い長い桟橋を渡って
四月馬鹿 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
優しき歌 Ⅰ 風信子叢書 第四篇
優しき歌 Ⅰ・Ⅱ (新字旧仮名) / 立原道造(著)