“吉屋信子”の読み方と例文
読み方割合
よしやのぶこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
落合川をへだてた丘の下落合には、片岡鉄兵さんや、吉屋信子さんが住んでいた。鉄兵さんにはよく中井の駅の通りで会った。
落合町山川記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
女学校は小さい図書室を持っていて、『奥の細道』とか、『八犬伝』とか、吉屋信子女史の『屋根裏の二処女』とか云った本が置いてありました。
文学的自叙伝 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
吉屋信子さんの税金は下手な実業家以上です」
生活 (新字新仮名) / 林芙美子(著)