イーリアス03 イーリアス
詩神への祈。題目の略示。アポローンの祭司其女クリュセーイスの贖を求めてアガメムノーンに辱めらる。祭司の祈に依りアポローン疫癘をアカイア陣中に湧かしむ。豫言者カルハースの説明。アガメムノーンとアキリュウスとの爭。アガメムノーン祭司の女を返し、 …
作品に特徴的な語句
はからひ はじか はぢ よし あほ まこと よしみ いつく あひ 𢌞まはし おつと もと せい かは まがつみ 頭上づじよう わく なへ ならはし 佇立たたづ あだ から ひい きづつ とう おと しゅ しかう さばき かたへ たなぞこ いう かうべ はや さかさま よそ いらだ おほい あやまち うま こう さば かけ いきど とう まみ 相互あひたがひ あらは まし 叫喚うごめ 饒舌ぜうぜつ ゑば せん みつ いきどほり もろ ゑみ いら ほこら おほ たゞむき 歩行かち 集會しゆうゑ 祈願リタイ 俯伏うつふ かたはら 退すさ はしら ただち もの ひとつ なき 角力すまう には はづ 牧場ぼくじよう 良人おつと 大河たいか よそほ もの 把手とりて 面帕おほひ
題名が同じ作品
イーリアス:02 例言 (旧字旧仮名)土井晩翠 (著)