“鹹草”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょっぱぐさ50.0%
しょつぱぐさ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つまんでぬけばすぽっとぬけて、しかも一種のしいを放つ草もある。此辺で鹹草と云う、ぶとりして、頑固らしくって居ても、根は案外浅くして、一挙手に亡ぼさるゝ草もある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
つまんでぬけばすぽっとぬけて、しかも一種のしいを放つ草もある。此辺で鹹草と云ふ。丈矮く茎ぶとりして、頑固らしくつて居ても、根は案外浅くして、一挙手に亡ぼさるゝ草もある。
草とり (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)