“鷺草”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さぎそう75.0%
さぎぐさ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
縁に出て手摺てすりから見下した時、敬太郎は松の根に一面と咲いた鷺草さぎそうを眺めて、あの白いものは何だと須永に聞いた事もあった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
根岸のうちは茶座敷などもあって、庭一ぱいの鷺草さぎそうが、夏のはじめには水のようにう、青い庭へ、白い小花を飛ばしていた。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
木曾川の岸には、うるい、露菊つゆぎくのたぐいが咲きみだれ、山には石斛せっこく岩千鳥いわちどり鷺草さぎそうなどの咲き出すのも、そのころです。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
可愛らしい二重瞼がつづけ様に二三度またたいた。結んだ口元をちょろちょろと雨竜あまりょうの影が渡る。鷺草さぎそうともすみれとも片づかぬ花は依然として春をともしく咲いている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
植物の好きなこの中学生は、東京への土産みやげにと言って、石斛せっこく、うるい、鷺草さぎそう、その他深い山の中でなければ見られないような珍しい草だの、香のある花だのの見本を集めて、盆前に橋本の家をって行った。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
じめじめしたこけの間に鷺草さぎぐさのような小さな紫の花がさいていたのは知っている。
槍が岳に登った記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
鼠尾草みそはぎ鷺草さぎぐさ露にぬれて、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)