市川九女八いちかわくめはち
若い女が、キャッと声を立てて、バタバタと、草履を蹴とばして、楽屋の入口の間へ駈けこんだが、身を縮めて壁にくっついていると、 「どうしたんだ、見っともねえ。」 部屋のあるじは苦々しげにいった。渋い、透った声だ。 奈落の暗闇で、男に抱きつかれた …
作品に特徴的な語句
きっ 老爺としより 師匠くだいめ 扮装おつくり しい ぼん もの わび 幻影かげ 上層そこ 平時ふだん かたわ 被衣ひふ きら 境内なか ため 鹿 花街さかりば よそ 歿なく しず いで めえ 午前あさ 娼妓おいらん 役者もの いじ 師匠しょ 居間おへや 陶器やきもの 家督あととり かか がら ぱら とお やっこ 農家おひゃくしょう たて 着更きがえ ぶん 器量うつわ やに こわ おい 幕末あのころ なる 所刑しょけい タバコ いぶか 容貌きりょう 家庭うち つか いや ひと 記者かた 調戯からかい 禿はげ 湯呑ゆの 吾妻あづま すか ぐし 今日きょう いて 毛剃けそり 劇場しばい 煙管キセル おそ じっ 生々いきいき 門弟でし 住居ずまい うさぎ つら 藤蔭ふじかげ 滑稽こっけい きも 耳朶みみたぶ けむ しげ 熊谷くまがい じい 牛込うしごめ まゆ 神功じんぐう 祝事いわいごと にら 着附きつけ 真似まね 竜紋りゅうもん 米八よねはち 粂八くめはち 終焉しゅうえん 琥珀こはく