“真似”のいろいろな読み方と例文
旧字:眞似
読み方割合
まね99.8%
イミテイト0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、母親えました。するとみんな一生懸命、グワッ、グワッと真似をして、それから、あたりのきな見廻すのでした。
作らないでも済む時に詩を作る唯一の弁護は、詩を職業とするからか、又は他人に真似の出来ない詩を作り得るからかの場合に限る。
艇長の遺書と中佐の詩 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
とにかく日本という国は物を真似することにかけては世界の天才だから、こういう仕事には日本が一ばん適任だろうということに一決し、こわれた皿のかけらを全部あつめて