醜い家鴨の子みにくいあひるのこ
それは田舎の夏のいいお天気の日の事でした。もう黄金色になった小麦や、まだ青い燕麦や、牧場に積み上げられた乾草堆など、みんなきれいな眺めに見える日でした。こうのとりは長い赤い脚で歩きまわりながら、母親から教わった妙な言葉でお喋りをしていました …
作品に特徴的な語句
ひよ かぐ 水溜みずだま かたず くらい しあわせ うま いっ あたし ぎゃく そま なお たい むこ 可愛かわ 見廻まわ 私達あたしたち しま つつ 日々ひび 日当ひあた うえ あたたか 図体ずたい あしゆび つかま ふたた つめた おそ がた 一方いっぽう はや ゆる あが なめ ただ あら まばゆ たが いそ 顔付かおつ 相変あいか おこ あた なに 前達まえたち けっ がわ きず さいわ だい はじ 裏庭にわ ゆわ かわ たい こお あた むか よう 幾人いくにん しゅ かた 立派りっぱ くみ ほう おぼ 方々かたがた たい たず たず いえ まも 見失みうし はな あか よめ あたら むすめ くら