醜い家鴨の子みにくいあひるのこ
それは田舎の夏のいいお天気の日の事でした。もう黄金色になった小麦や、まだ青い燕麦や、牧場に積み上げられた乾草堆など、みんなきれいな眺めに見える日でした。こうのとりは長い赤い脚で歩きまわりながら、母親か …
作品に特徴的な語句
二日ふつか 羊歯しだ 始末しまつ かも 芝生しばふ 土堤どて 一晩ひとばん 繰返くりかえ 大騒おおさわ 口々くちぐち 牛蒡ごぼう 一足ひとあし 年寄としより 辞儀じぎ 蝶番ちょうつがい 様子ようす 見廻まわ 退屈たいくつ 有様ありさま 菓子かし 灰色はいいろ 夕方ゆうがた 名誉めいよ 燕麦からすむぎ かえ 水上すいじょう 落葉おちば 我々われわれ 散歩さんぽ 日々ひび 行儀ぎょうぎ だん 見分みわ 牝鶏めんどり 一心いっしん 百姓ひゃくしょう 奇妙きみょう 小川おがわ 一番いちばん 身分みぶん たまご 日暮ひぐ 第一だいいち 一生懸命いっしょうけんめい 非常ひじょう 牧場ぼくじょう 大喜おおよろこ 見事みごと 彼等かれら 見知みし 出遭であ 図体ずたい 以上いじょう 紹介しょうかい 躍気やっき 高慢こうまん 小屋こや 一同いちどう 一体いったい 意地悪いじわる ばい 見失みうし 大声おおごえ 日当ひあた がま 雛鳥ひな 水面すいめん 週間しゅうかん 顔付かおつ 白鳥はくちょう 失敬しっけい 横腹よこばら 意見いけん 顔容かおかたち 無我夢中むがむちゅう 実際じっさい 家族かぞく 水溜みずだま 歓迎かんげい はしゃ じゅう 内側うちがわ 様々さまざま 相変あいか あしゆび 四方八方しほうはっぽう 物語ものがたり 木靴きぐつ 猟犬りょうけん 御勝手ごかって 悪体あくたい くば 種類しゅるい 大変たいへん 空中くうちゅう 狩人かりうど 結局けっきょく 僕達ぼくたち 出来上できあが