“幾人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくたり69.7%
いくにん28.8%
いくら0.8%
イクタイ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
途中に幾人もいたじゃありませんか。松の木のてっぺんにもいたし峠の躑躅の繁みの中にもいました。みな鉄砲を持っていましたよ。
幾人の家族があっても相侵さないで一家団欒和気靄々とするようにならなければ政治上の立憲制度も到底円滑に行われんよ。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
世間を見ればに坊主と云うものが一つある、何でもない魚屋の息子が大僧正になったと云うような者が幾人もある話、それゆえに父が私を坊主にするとたのは
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「……天から落たる絲満小人幾人揃うて落たがや!」
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)