ノンシャラン道中記ノンシャランどうちゅうき05 タラノ音頭 ――コルシカ島の巻――05 タラノおんど ――コルシカとうのまき――
一、虎は人を恐れ人は虎を恐る。ニースのランピヤ港を出帆したM・Q汽船会社の Bon Voyage 号は『三百法コルシカ島周遊』の粋士遊客を満載し、眠げなる波の夢を掻き乱しながら、シズシズと春の航海を続けてゆく。 するとここに、上甲板の日よけ …
作品に特徴的な語句
失敗はずれ 背負じょ 火酒オオ・ド・ヴィ いでたち かん 蹣跚まんさく さい 拙者やつがれ 挨拶ちかづき 匕首プニャアレ 大将カボラル 山荘シャレエ 溝鼠サロオ かかと 高価たかい 墓地カンポサンタ 山賊チュシナ ぱぎ 凝視みつめ 喇叭ラッパ みね 濫觴はじまり 賞牌メダイユ 野菜ラグウ 金山モンテ・ドロ 一齣ひとくさり 刺繍ぬいとり ぐら いか いばら フラン ふくら てん 退 たが 騾馬ろば 鯱張しゃちこば した 五法サンスウ 以前もと くだん 住家すみか 僻境へききょう かぶと 内外うちそと 凄味すごみ かわや 咆吼ほうこう くちばし ほこり 大鍋おおなべ 姫鱒ひめます おど 射抜いぬ 小嚢こぶくろ のぼり 幾人いくたり 徳利とくり 怪我けが 悠然ゆうぜん 悪戯いたずら ドア 族長カボラル 昨夜ゆうべ 松明たいまつ 枇杷びわ ひつぎ はり 棟木むなぎ 橄欖かんらん 母屋おもや 炯々けいけい 燻製くんせい 物見ものみ 理由わけ 生半なまなか 生命いのち 生憎あいにく 番台ザンク しゃく 百舌もず 礼奏アンコオル わざわい つつ 節廻ふしまわ かゆ 縁取ふちど ひじ わら やぶ 蝟集いしゅう 谿谷けいこく 躑躅つつじ 追句レボレ 遊曳ゆうえい
題名が同じ作品