“貉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むじな98.1%
てん1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こういういかさま師どもと一緒に、習慣は幾分異にしているが、やはり一つ穴のといったような種の連中を、私はしばしば認めた。
群集の人 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
勿論は、神武東征の昔から、日本の山野にんでいた。そうして、それが、紀元千二百八十八年になって、始めて人を化かすようになった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
かなんかの悪戯に違いないのよ。今晩また出て来たら鉄砲をっておどかしてやりましょう。もし手答えがなかったら、それは幽霊に違いないのだから、引きあげるならそれからでも遅くないよ