“橄欖”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんらん77.8%
オリーブ12.7%
おりいぶ3.2%
オリイブ3.2%
オリワ1.6%
オリーヴ1.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“橄欖”を含む作品のジャンル比率
哲学 > キリスト教 > キリスト教57.1%
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学21.4%
文学 > フランス文学 > 小説 物語3.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
庭には松やひのきあいだに、薔薇ばらだの、橄欖かんらんだの、月桂げっけいだの、西洋の植物が植えてあった。
神神の微笑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
夕方、庄亮の主宰する橄欖かんらん社の小樽支部の人たちや、此処で出している『原始林』の同人たちが五、六人で迎えに来る。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
彼女は、少しばつの悪い様子をして、たたんである橄欖オリーブ色の布を出した。
或る日 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
その橄欖オリーブ色の顔は変に息苦しそうな驚きに燃え立っていた。
女教師は、『少ししか持つてきませんよ。』と言ひ乍ら、橄欖おりいぶ色のレース糸で編んだ金入を帶の間から出して、卓の上に逆さまにした。
葉書 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
『うん。』と笑ひ乍ら、手を延ばして、靜子の机の上から名に高き女詩人の『舞姫』を取る。本の小口からは、橄欖おりいぶ色の栞の房が垂れた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
橄欖オリイブ色の皮膚をした仏蘭西人の赤ん坊が二人、船室備付の洗濯籠に入れられ、大きなドアに乗って波の上を漂っている処を奇蹟的に救助された。
運命のSOS (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
臙脂ゑんじの中にこい橄欖オリイブを鮮かに交へた珍しい曙光しよくわうを浴びた我船わがふね徐徐じよじよとマラツカ海峡の西の出口ペナン島の港にはひつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
暗黒なる橄欖オリワの林はいよ/\濃き陰翳を我心の上に加へ、四邊よもの山々は來りて我かしらを壓せんとす。
カプリ島の級状をなせる葡萄圃ぶだうばたけ橄欖オリワ樹とは忽ち跡を沒して、我等は矗立ちくりふせる岩壁の天にそびゆるを見る。
子供達は確かに東京のよりも可愛らしく、顔立ちはより上品で、顔色の橄欖オリーヴ色も、より明澄であった。