寄席よせ
「今つけてやる」 そう言ったきり、フイと師匠の雷門助六は、立っていってしまった。もうそれから二時間近くが経っていた。キチンと座ったまま両方の足の親指と親指とを重ね合い、その上へ軽く落とした自分のお尻がはじめ小さな風呂敷包みを膝の上へ載せたほ …
作品に特徴的な語句
わい つきあ あたくし 後退あとびしゃ まんだら あたい かんかん ヒャー 外套もじり 上方こっち わい 奇怪けったい あっし 親爺おやっ 今朝いまちょう 大阪こっちゃ 大事だん でき さげ ゆすぶ 上方あっち おそ 東京こっち なくな いど おいら あたし 美味うめ 一打ダース 一見ふり やすけ ちゅう ほっ 大阪こっち がん 周囲ぐるり 素見ぞめき いた 泥濘ぬかる だき 小父おっ こた くる 合戦いくさ なまめ 三下さんさ 今日こんち 仕様しよ めえ こしら はばかり 手品づま 所縁いわれ 駒形こまん 駆込かっこみ 御飯ごぜん 京洛みやこ 待遇もてな オレンジ 此方こっち うぬ ひと 幇間たいこ 師匠しょ つむり ひろ くすぶ いなせ あざな あらわ 雷光いなづま わらわ 競馬かけうま かず おち いじ はし ちな かね 大根おおね 真打とり すさ 陥穽おとしあな 料亭ちゃや 日限ひぎ 横浜はま こうべ 片目めっかち