“手品”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てじな61.9%
てづま19.0%
づま9.5%
てずま9.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ではあかしの手品同樣になりません、おしましたのは御新造樣うぞでもおへなさつてはさりまし。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ぴんからきりまで心得て穴熊毛綱手品にかゝる我ならねば負くるりの者にはあらずと駈出して三日帰らず、四日帰らず、は松本善光寺又は飯田高遠あたりの賭場あるき
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「それに新内のお舟。手踊りのお京。手品の春之助。いろいろ訊いてみたけれど、帯に短し襷に長しでねエ」
円太郎馬車 (新字新仮名) / 正岡容(著)
かっぽれにって転倒び、手品の太鼓を杯洗で鉄がたたけば、清吉はお房が傍に寝転んで銀釵にお前そのよに酢ばかり飲んでを稽古する馬鹿騒ぎの中で
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)