二た面ふたおもて
話は別にある……色仕掛で、あはれな娘の身の皮を剥いだ元二と云ふ奴、其の袷に一枚づゝ帶を添へて質入れにして、手に握つた金子一歩としてある。 此の一歩に身のかはを剥がれたために可惜や、お春と云ふ其の娘は繼母のために手酷き折檻を受けて、身投げをし …
作品に特徴的な語句
にほ 情婦じやうふ いさゝ あひ 可惜をしい 可惜をし ぢつ 悚然ぞつと 出入だしい なほ 悚然ぎよつと かうべ うま 一通ひとゝほ つゝ かけら おやぢ おほい 可怪をかしい ばゞあ 茶店ちやや こゝ はぶ うへ たい かたはら 澤山どつさり 矢張やつぱ くはだて ねらひ しめ 突張つゝぱ 突込つゝこ まへ 申出まをしで しも 濃厚こまやか しやが 引掛ひつかゝ いはひ 口惜くちを 確乎しつか 端折はしを いゝえ 仰反そりかへ やはら わざ ぼん 間違まちがひ ぢい じやう 蒼海あをうみ さふらふ ふつ 頬摺ほゝずり 酒宴しゆえん 引被ひつかぶ ねがひ 白魚しらを 仲間ちうげん からま 故郷こきやう つゞき 此方こつち ならひ をんな いへ 家主いへぬし はう 宿しゆく そつ ことば うづくま たのしみ ちひ かゝ 水車すゐしや うけたまは とほ 可懷かはい 川楊かはやぎ やさ 心掛こゝろが はゞ けん 心状しんじやう たき 莞爾につこり なまめ