“可惜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あたら74.7%
あったら9.9%
おし3.3%
をしむべし3.3%
あつたら2.2%
いと1.1%
いとおし1.1%
いとし1.1%
おしむべくは1.1%
をし1.1%
をしい1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十五町歩の林檎園に、撰屑の林檎の可惜轉がるのを見た。種々の林檎を味はうた。夜はY君の友にして村の重立たる人々にも會うた。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
「艶じゃア無い、真個にサ。如才が無くッてお世辞がよくッて男振も好けれども、唯物喰いのいのが可惜だッて、オホホホホ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
所が版本の原書なれば飜訳も出来るが、講義筆記であるからその講義を聴聞した本人でなければ何分にも分り兼ねる、誠に可惜い宝書で御座ると
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
可惜、此二書の世に出たるより、余をしてかねて元禄文学に面白からずと思ひしところを、此二書を通じて訴へ出づるの止むを得ざるに至らしめぬ。
ね——義兄さん、……お可哀相は、くのむかし通越して、あんな綺麗うおなくなんなさるかとふと、真個可惜ものでならないんですもの。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
けれども頑固な父は女給であると云う事だけで私達の結婚をどうしても許さなかった。父にして見れば早く妻に別れて、男手一つで育て上げた一人息子は掌中の珠より可惜しかった。
愛の為めに (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
可愛い夫が可惜がる大切なおの娘、ならば身替りにも、と云う逆上せ方。すべてが浄瑠璃の三のを手本だが、憎くはない。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
真珠色をしたの闇が純白の石楠花の大輪の花や、焔のような柘榴の花を、可惜そうに引き包み、せ返えるような百合の匂が、窓から家内へ流れ込む。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
到底その任にあらざることは知りながら、ことわることのいたって下手な小生のこととて、ついうかうかとひき受けて、この駄文を草し、可惜錦上枯木を添ふるの不風流をあえてした。
の一のかはをがれたために可惜や、お繼母のために手酷折檻けて、身投げをしたが、
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
心状のほどはらず、仲問風情には可惜男振いものが、鼻綺麗で、勞力まずくから、これはもありさうな上下つてりがよく、元二元二した評判
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)