“柘榴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ざくろ97.7%
さくろ1.5%
じゃくろ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私と東六は室の隅の丸い卓子を前にして、所の名物柘榴酒を飲みながら、四辺の様子を見て居りましたが、不意に其時、私達の横で
赤格子九郎右衛門 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
菅神怍色あり、柘榴、 菅神をなし玉ひしといふ故事は、元亨釈書妄説る。
ヂュリ うとや? はまだきゃせぬのに。ってござるおえたは雲雀ではなうてナイチンゲールであったもの。夜毎彼處柘榴て、あのやうにりをる。