“ざくろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
柘榴69.3%
石榴29.1%
拓榴0.6%
0.6%
石榴花0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少女は侍女の一人から半塊の柘榴を貰って種子を盆の上に吐いていた。それを喰べ終ると壮漢に伴われ次の部屋へ廻りに出て行った。
荘子 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
看護婦に招かれて、診察室へはいり、帯をほどいてひと思いに肌ぬぎになり、ちらと自分の乳房を見て、私は、石榴を見ちゃった。
皮膚と心 (新字新仮名) / 太宰治(著)
拓榴口みたいにかかれた牡丹! がらんと空いていて青い瓦斯の灯、表を流しがよく通った
随筆 寄席風俗 (新字新仮名) / 正岡容(著)
皆顔はのように黒くて、そのよりも大きかった。怪しい者は叟をんでいこうとした。汪は力を出して奪いかえした。怪しい者は舟をゆりだしたのでが切れてしまった。
汪士秀 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
牡丹芍薬の花極めて鮮妍なれどもその決してダリヤと同じからず、石榴花凌宵花ら猛火の炎々たるが如しといへどもそは決して赤インキの如きにはあらず。
一夕 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)