旅愁りょしゅう
家を取り壊した庭の中に、白い花をつけた杏の樹がただ一本立っている。復活祭の近づいた春寒い風が河岸から吹く度びに枝枝が慄えつつ弁を落していく。パッシイからセーヌ河を登って来た蒸気船が、芽を吹き立てたプラターンの幹の間から物憂げな汽缶の音を響か …
作品に特徴的な語句
めまい 陥穽おとしなな 様子ふり 眩暈めま 侮辱あなどり あた 周章うろた あらわ 無言しじま いじ 意識こころ フラン 捩子ねじ しゃが かか 末枯うらが 空虚から あかぎれ かま 高麗こうらい 宜敷よろし しもべ 臙脂えんじ かれい 黄泉よみ 蝙蝠こうもり わらび 蒲鉾かまぼこ ここ もち ともづな 黒子ほくろ 篠懸すずかけ くろ くつわ かみしも 褞袍どてら 饂飩うどん 襯衣シャツ 西蔵チベット もと 顳顬こめかみ 頓馬とんま さい 跋扈ばっこ えくぼ なび つか かが 鐙形あぶみがた 壊疽えそ 悪汁あく 小趨こばし 将棊しょうぎ 寧波ニンポー 妓生キーサン 天地あめつち 大食タージ 慓悍ひょうかん うずたか くわ 呶鳴どな 周章あわ 剽軽ひょうきん 仰言おっしゃ 介意かま 不悪あしからず 為替かわせ 破片かけら 石榴ざくろ 眉子びし 百舌もず 痙攣けいれん 瓦斯ガス 丁髷ちょんまげ 無聊ぶりょう そそ 溷濁こんだく 海胆うに 海嘯つなみ 波斯ペルシャ かや