“石榴”の読み方と例文
読み方割合
ざくろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庭の隅に取り忘れられた石榴の実や藪の中なる烏瓜、または植込のかげの梔子の実に、冬の夕陽の反映を賞するのも十二月である。
写況雑記 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
割れかかった石榴に石を加えたように沖の言葉は久慈の心中へどしりと重みのある実を落した。すると、突然、矢代は遮るように
旅愁 (新字新仮名) / 横光利一(著)
看護婦に招かれて、診察室へはいり、帯をほどいてひと思いに肌ぬぎになり、ちらと自分の乳房を見て、私は、石榴を見ちゃった。
皮膚と心 (新字新仮名) / 太宰治(著)