“栗飯”の読み方と例文
読み方割合
くりめし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「むりにも来るよ、こんどは松室もつれてね、ひとつ松茸の汁で栗飯でも食わせて貰おう」
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
栗飯 秋付録 米料理百種「日本料理の部」の「第二十一 栗飯」
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「へエ、栗飯には少し遅いが——」