“神嘗祭”の読み方と例文
読み方割合
かんなめさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日は神嘗祭で休みである。朝浦安に帰り昼寝をした。家婦が「五目飯」を馳走してくれた。食後にひどく喉が渇いたので林檎を二つ喰べた。
昭和六年十月十七日——蹶起はこの神嘗祭の日を期して行われることになった。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)