“神嘗祭”の読み方と例文
読み方割合
かんなめさい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昭和六年十月十七日——蹶起はこの神嘗祭かんなめさいの日を期して行われることになった。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
今日は神嘗祭かんなめさいで休みである。