“行宮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あんぐう85.7%
かりみや14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうえ、はるか伯耆船上山行宮からも、千種ノ中将忠顕が、山陰中国の大兵を組織して、丹波ざかいから洛中をうかがっていた。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一首の意は、天皇は現人神にましますから、今、天にの名を持っている山のうえに行宮を御造りになりたもうた、というのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
その名を呼んで見るのもまだ多くのものにめずらしい東京の方からは新帝も無事に東京城の行宮西丸に着御したもうたとの報知の届くころである。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
笠置の山の行宮の御夢に、二人の童子が現われての下を指ざし、ばかりがせめて安らかなる御座所と、御告げ申したという記事に接するごとに、いつも子ども心には
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)