“忠顕”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ただあき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“忠顕”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
という前例もあるので、このたびはと、千種忠顕ただあき、結城判官親光らは、その防禦構築にはあらん限りな力をそそいだ。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここでお待ちしていた洛内軍には、千種ちぐさノ中将忠顕ただあきがあり、足利高氏、弟直義ただよしも見えている。