“楠”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くすのき61.7%
くす31.9%
くう4.3%
ナン2.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“楠”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教40.0%
総記 > 図書館・図書館学 > 読書・読書法9.1%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
が、万更まんざらくすのきの藁人形らしくもなかったので、今なら大方後援者とか維持会員とかいうような連中であったろう。
武家時代以前へ――もっとくわしく言えば、くすのき氏と足利氏との対立さえなかった武家以前への暗示がここに与えてある。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) epub / 島崎藤村(著)
うちの長屋に重兵衛じゅうべえさんの家族がいてその長男のくすさんというのが裁判所の書記をつとめていた。
読書の今昔 (新字新仮名) epub / 寺田寅彦(著)
そこの幕中に、幹の太さ三抱えもあるくすの大木があった。義元は、雨をもいとって、こずえの下へ寄った。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) epub / 吉川英治(著)
くうちゃんにも列席してもらいたいとは思いますが、遠方のことでもあり、それに万事内輪にと思いますから、おまえたち兄妹きょうだいの総代として鶏ちゃんに出席してもらうことにします。
再婚について (新字新仮名) epub / 島崎藤村(著)
「どれ、くうちやんのところへ葉書でも出すかナ。」
山陰土産 (旧字旧仮名) epub / 島崎藤村(著)
すなわちクス科タブノキ属 Machilus の一種で中国に産する多分ナン(クスノキではない)すなわち Machilus Nanmu Hemsl.(今は Phoebe Nanmu Gamble)ではなかろうか。
植物一日一題 (新字新仮名) epub / 牧野富太郎(著)