“くす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
42.7%
20.3%
12.5%
5.3%
5.3%
5.0%
2.1%
玖珠2.1%
1.4%
0.7%
国栖0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
義太郎 (苦しそうに咳をしていたが、弟を見ると救い主を得たように)末か、お父や吉がよってたかって俺を松葉でべるんや。
屋上の狂人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「寝ようッたって寝かしゃしないわよ。———浜さん、まアちゃんを寝かしちゃ駄目よ、寝そうになったらぐってやるのよ。———」
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
なんと言っても蛤御門の付近は最も激戦であった。この方面は会津、桑名るところであったからで。皇居の西南にはの大樹がある。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
敗れた正成、正季らの一族はどう逃げ道をとったか? 昔は、この地方一帯にが多かったという川辺氏の話の端にも興味はつきない。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
◯九節において星辰界の神秘を述べたるヨブは、十節においてはに進みて「大なることを行い給うこと測られず、しきを為し給うこと数知れず」
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
其麽時は、恰度、空を行く雲が、明るい頭腦の中へサッと暗い影を落した樣で、目の前の人の顏も、原稿紙も、何となしにんで、曇つて見える。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
作物は何れもひどく威勢をがれた。殊にも夥しいのは桑の葉の被害だった。毎朝、んだ水の上を、蚕がぎくぎくめきながら流れて行った。
黒い地帯 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
豊後玖珠地方のものは久留島武彦氏が図示してくれられた。ただしここのは関東とちがって、小枝の方を長くして把手にしている。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
怖いから眼をつぶったら、ガクリと音がしていていた歯がぬけた。ポコンと穴があいて、血がいくらでも出る。口もゆすがせないで、きたない手でおじいさんは白い粉のりをつけてくれた。
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
 火もて消ちつゝ 言ひもかね 名づけも知らに しくも 座す神かも 石花海と 名づけてあるも その山の 包める海ぞ 不尽河と 人の渡るも その山の 水のたぎちぞ 日本の やまとの国の とも 座す神かも 宝とも なれる山かも 駿河なる 不尽の高峰は 見れど飽かぬかも
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
これは有名な国栖の奏などと併せ考うべきもので、国栖もやはり吉野山中の一種の山人でありました。
前の三には牡牛のごとき角あれども後の四には額に一の角あるのみ、げにかくしき物かつてあらはれしなし 一四五—一四七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
國「そればかりじゃアないよ孝助は殿様の物をねるから、お前孝助と一緒にいると今に掛り合いだよ」
鋳物の香炉の悪古びにませたると、羽二重細工の花筐とを床に飾りて、雨中の富士をば引攪旋したるやうに落墨して、金泥精描の騰竜目貫を打つたるかとばかり雲間耀ける横物の一幅。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
右の手で金を出すてえと、屹度左の手は物をねて居やあがる。両手で金を出すてえ奴は居無え、両手で物を盗ねる奴も居無えや。余っ程こんがらかって出来て居やあがる。
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
藤原が右京の屋敷を出たのもの女の為に多くの金をい果し今は困窮してに出てに帰る稼ぎも、女房や母をしたいからだ、其の夫の稼いだ金銭をねて置けばこそ
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
しき是へ御上りあれとゆゑ長八は御構下さるなと其所へ四邊を見るにの方は破れたる二屏風を立回し此方にはれ懸りし一ツ鑄懸か眞黒にぶりたる一ツを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)