“正季”の読み方と例文
読み方割合
まさすえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正遠のあとは、嫡男正成、次に弟の正季……。その下にまだ女子がいたやらいぬやら。ともあれ、卯木は正成の妹にあたる者でおざる。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
窓からわれる河内平野の、朝霧の景色をご覧になりながら、舎弟正季と恩地太郎とを連れた、楠木正成と顔を合わした。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
名利恋々たるのではないが、彼も一族の族長だ。乱世権化みたいな熱血そのもののも多くかかえている。弟正季がしかりである。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)