“正行”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まさつら90.5%
まさゆき4.8%
マサツラ4.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“正行”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 社会思想3.4%
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
最近公刊されたものであるが『密宝楠公遺訓書』と云う本がある。正成が正行まさつらに遺言として与えたものであると云う。その中に、
四条畷の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
勘太は、つい聞き入って、正行まさつら四条畷しじょうなわてに出陣するのを待っていたが、急に思いだして、隣りの銭湯へ駈けこんだ。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『信濃の産で、山浦内蔵助、たまきともいい、刀銘には、そのほか正行まさゆきなどともっておるが』
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御暇オンイトマモウシアゲタテマツリ、如意輪堂ニョイリンドウノ板壁ニ、コレ今生コンジョウノ名残リゾト、各〻、ヤジリヲトッテ名ヲ書キ連ネ、正行マサツラソノ後ニ
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
正行マサツラ正時マサトキ和田新発智ワダシンパチドウ新兵衛シンベエ以下兵百四十三名、前皇ゼンコウ御廟ゴビョウニ参ッテ、コノタビノイクサニハ左右ソウナク討死ウチジニ申スベキノ由
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)