“討死”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うちじに93.0%
うちじ4.7%
ウチジ2.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
権太夫の長男太郎長俊と次子次郎長世とは承久の乱に京方の供をなして討死し、三子四郎兵衛尉宗俊は同じ合戦に関東方にった。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
ここでは、むかしから灰色ネズミの先祖たちが、ずいぶん討死にしたものです。
正行正時和田新発智新兵衛以下兵百四十三名、前皇御廟ニ参ッテ、コノタビノニハ左右ナク討死ニ申スベキノ由、御暇シアゲリ、如意輪堂ノ板壁ニ、コレ今生ノ名残リゾト、各〻
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)