“正面”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まとも56.6%
しやうめん16.3%
しょうめん9.3%
ファサード3.9%
ファサアド3.1%
まと2.3%
しようめん1.6%
まえ1.6%
まむき1.6%
しゃうめん0.8%
しら0.8%
せうめん0.8%
まおもて0.8%
むこう0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
兩手を上げて後頭部をさゝへた脇の下から兩乳のふくらみが、の光を正面に受けて、柔い線をば浮立つばかり鮮かにさせて居る。
新帰朝者日記 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
正面待乳山見渡隅田川には夕風んだかけ船がりに動いてく。水の黄昏れるにつれての羽の色が際立つて白く見える。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
見れば、正面床几に、だかさと、美しい威容をもった伊那丸、左右には、山県蔦之助咲耶子が、やや頭をさげてひかえている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや、正面の方ばかしではない。闇をすかして眺めると、駅寄りの側面の方にも、裏手にも、さながら現象のように隠現する黒い無数の影がある。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
賭博場の建物は航空母艦のように平たく長かった。正面に赤い満月が懸っていた。それは大型電気時計のように出来ていて、針が動いていた。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
石仏は正面向きおはし須臾に見る空しけくなかりにし
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
『や、寢※ぎたぞ。』と飛起き、衣服め、櫛髮つて、急足食堂ると、壯麗なる食卓正面には規則としてのビール船長威儀して着席し、それより左右兩側
やがて彼は碑を正面にして坐った。彼の手には、鞘に納められた天国が、握られていた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
私は故意附元気高声で、「御機嫌よう!」と一礼すると、が出たから、其儘正面になって了ったが何だか後髪を引かれるようで、が横町を出離れる時、一寸を振向いて見たら
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
マーキュ (笑って)と、かう洒落れのめしてゐるはうが、れたの、れたのと呻吟いてゐるよりはであらうが? 今日こそは、つッともう人好のする立派なロミオぢゃ、今日こそは正面
此の男は、正面の切れない人間なのだ。てれかくしに下手な輕口を叩いてゐるうちに、止度が無くなつて、自分でも困つてゐながら、きれいに切るうでが無い。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
昨夜以來朝日島海岸は、裝飾された。大佐隙間もなく國旗取卷かれて、正面には、見事緑門出來た。
変な人が、女房の正面へ、写真館の前へ出たのであった。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
是れでお瀧は茂之助へ面当しく、わざとつい一里と隔たぬ猿田村取附きに山王さまの森が有ります、其の鎮守の正面に空家が有りましたからこれを借り、葮簀張掛茶店を出し
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)