“山県蔦之助”の読み方と例文
読み方割合
やまがたつたのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見れば、正面床几に、だかさと、美しい威容をもった伊那丸、左右には、山県蔦之助咲耶子が、やや頭をさげてひかえている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして濛々たる野火の煙をくぐりながら、金明泉のちかくまできたとき、さきにきた山県蔦之助が、ふいに、ピタッとをとめて
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
折から山県蔦之助もかけつけた。あらためて伊那丸をのべ、一同にも引きあわされて、一のうちへ加わることになった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)