“掛茶店”の読み方と例文
読み方割合
かけぢゃや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
是れでお瀧は茂之助へ面当しく、わざとつい一里と隔たぬ猿田村取附きに山王さまの森が有ります、其の鎮守の正面に空家が有りましたからこれを借り、葮簀張掛茶店を出し
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)