“掛茶入”の読み方と例文
読み方割合
かけちやいれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こそ心掛給ひしと賞美なし外々にて才覺致候はんと申ければ隱居は暫く考へ脊負葛籠一ツ取出し中より猩々緋古渡りの金襴掛茶入又は秋廣の短刀五本骨の三處拵への香箱名香品々其外金銀の小道具を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)