霧陰伊香保湯煙きりがくれいかほのゆけぶり
偖、お話も次第に申し尽し、種切れに相成りましたから、何か好い種を買出したいと存じまして、或お方のお供を幸い磯部へ参り、それから伊香保の方へまわり、遊歩かた/″\実地を調べて参りました伊香保土産のお話で、霧隠伊香保湯煙と云う標題に致してお聴き …
作品に特徴的な語句
退ひか ふてえ かぶ 容貌こがら 何処こゝ でえ えゝ わしゃ たま 良人つれやい こぼ とっ つぶ てまえ 出入では 此方こゝ たゝかい 衝突ぶッつ べり ひど こた そち 此方これ 主人おやかた ぶた ぶッ 正面むこう 大概たえげえ あと かよい すぐ いの ぶち いゝ はや えっ いか 此家こけ くれ 何処どれ っかあ ちいさ 何方いずれ よう 湿じめ 貴方そなた 混雑ごたすた おめ ばゞア 大概ていげい 死亡なくなり 年齢としイ せね 四方どちら 夜々よゝ 其処こゝ おり ざま 頬冠ほうかむ ひけ 前方めえがた 往来そと ばゝあ 傾斜なだれ 翌朝あけ なぐさ 彼女きゃつ つな でか みかえ あが 何処どけ 大切でいじ つッつ ひえ 此家これ つめ 此地こけ 逝去おかくれ てかけ 良人ひと やかま 家主やだま ぜゝ 女子じょし 御座ごぜ わっち