“しら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シラ
語句割合
32.4%
28.1%
12.1%
調8.0%
3.9%
2.7%
2.7%
2.4%
1.4%
1.4%
不知0.8%
報知0.6%
0.3%
0.3%
0.3%
衆等0.2%
0.2%
報告0.2%
探検0.2%
0.2%
検捜0.2%
正面0.2%
氏等0.2%
0.2%
0.2%
精白0.2%
0.2%
0.2%
調査0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
部屋の中には荷物がそのまま置かれてありましたが、俊夫君が電灯の光でそれをべると、大部分は本物の川上糸子の所有品でした。
深夜の電話 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
日の光は、相変わらず目の前の往来を、照りませて、その中にとびかうの羽を、さながら黒繻子か何かのように、光らせている。
偸盗 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
が一人自分から生まれるということに明石のせが符合することから、住吉の神の庇護によってあの人も后の母になる運命から
源氏物語:14 澪標 (新字新仮名) / 紫式部(著)
世界大地震記事て、人畜むほどの地割れの開閉現象つたのは、著者鋭意調べた結果以上三回のみである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
茲まで考え来るときは倉子に密夫あるぞとは何人にもるゝならん、密夫にあらで誰が又倉子が身に我所天よりも大切ならんや
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
巡査傭人れて壁際べさせたが案外かつた。それでもおつぎのではれなかつたのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「僕は動物の心臓というものに興味が出て来ましたよ。どうも、いろいろ心臓に種類があるような気がして来て、これを皆べたら面白いだろうなアと思いました。」
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
戴きましょうだが、毎月その扶持米をげていたい。モ一つでにその米をか粥にて貰いたい。イヤ毎月と云わずに毎日いたい。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それから早速んで、だんだん先方身元べてると、生憎一人息子で、とても養子にはかれない身分なのでした。
安重根 先刻も軍隊のほうからべが来ました。うるさくて寝られやしません。いったいどうしたというんです。
この情実を話すまいとすると、ただの女と不知を切る当座の嘘はきたくない。嘘を吐くまいとすると、小夜子の事は名前さえも打ち明けたくない。——小野さんはしきりに藤尾の様子を眺めている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
秋も末に成って、幸作からは彫刻の出来上ったことを報知して来た。そこそこに三吉は旅の仕度を始めた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
頸のぐるりを霙のせ。錘のやうに寂寞が見えてくるのだ。今こそ潤ひなき火に、密度の凄まじい地角の涯に、彼等ひとしく参加する時を待つてゐるのか。見知らぬ移住地に獣皮を焚き、轍を深める。
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
五十人もの男をしに洗つて見ろ、あの阿魔を殺したがつて居る野郎は五人や七人ぢやねえ筈だ——俺が殺したといふのか? でも
足軽付添って右左へ別れて、控所へ、汗を拭い、水を飲んで、刀をべる。
相馬の仇討 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
「そんだつて箆棒衆等だつてさうだことばかりするものぢやねえ、んねえ」憤慨してかういふものも
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今日衆等くとつてはあ、までけねえんだな」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おまへの緑の髮の毛の波は、貝のが斧のせると、眞紅まる。すぎしかたを憶ひだして。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
こっちが先に聞いた上は、一つ、こりゃ半さんに報告せて上げなくちゃなるまい。
つまりそのために濠州の方を探検するのを後に廻してボルネオから先に探検べようと、数回手紙や電報でラシイヌさんと打ち合わせて、濠州のメルボルンへ行く途中、サンダカンへ先に上陸して
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それが、怎して村一番の乱暴者かといふに、根が軽口の滑稽に快く飲む方だつたけれど、誰かしら酔ひに乗じて小生意気な事でも言出すと、座がけるのを怒るのか
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
きたいに見覚えのあるので、もしやとまた箏樋の裏を検捜べると、二度喫驚、それが、ち、の一面の方である、偶然といえば偶然の事だが、何とあまりに不思議な事ではないか
二面の箏 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
此の男は、正面の切れない人間なのだ。てれかくしに下手な輕口を叩いてゐるうちに、止度が無くなつて、自分でも困つてゐながら、きれいに切るうでが無い。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
動力石油發動力にあらずば、電氣力まり、艇形葉卷烟草形て、推進螺旋不思議れたる有樣など、もシー、エヂスン氏等舊套摸傚するばかりで
豐葦原ノ千五百秋瑞穗ノ國ハ、我ガ子孫タルベキナリ、皇孫セ。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
と、露月は半ば苦しげな瞳で、自分の作品をべるように見やりつつ、呟くように低く言うのでした。
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
四 現給の玄米を中等度にまで精白げて貰いたい。
美しい日本の歴史 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の堅気でいらっしゃらあね。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかも名譽ぢゃとはひませぬ」はて、こゝな我儘どの、しがったり名譽がったりするに、上等脚節でも調査べておきゃ、木曜日にパリスと一しょに會堂くために。
見て是こそは大事の客と思い益々世辞沢山に持掛けながらず目科の巧みなる言葉に載せられ藻西夫婦の平生の行いに付き己れの知れる事柄だけは惜気も無く話したり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
所有べました、堤防ました、それからも』として、ちやんにははず、『けどは!でもひだ!』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)