“虱”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらみ97.2%
しら1.4%
むし0.7%
ムシ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人目を避けて、って、るか、くか、弁当を使うとも、掃溜を探した干魚の骨をるに過ぎまい。乞食のように薄汚い。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
五十人もの男をしに洗って見ろ、あの阿魔を殺したがっている野郎は五人や七人じゃねえ筈だ——俺が殺したというのか? でも
「——おがたかっているかもしれないから、べつな所へ置いて、お肌着もお下帯も、熱い湯にひたして洗わせますように」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
□安宿で困るのは、便所のきたなさ、食器のきたなさ、夜具のきたなさ、のきたなさ、等々であろう。
四国遍路日記 (新字新仮名) / 種田山頭火(著)