“虱絞”の読み方と例文
読み方割合
しらみしぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其茶を五郎八茶碗といふ大きな茶碗に汲んで、冠つて居た虱絞りの手拭を外して茶を出したのである。竹の簀の子が踏む度にぎしぎしと鳴る。
菠薐草 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
八丈の襟をかけた藍縞のはんてんに、虱絞りの手拭頬被りをしているので人相は分りませんが、ふいと腕ぐみを解いてそこへ寄って来ると
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
虱絞りの町人を煙に巻いてしまおうという軽い悪戯な気持か、飢えと寒さを、それによって忘れようとする情けない気持か、どっちとも分りませんが、しきりと、膝に指を躍らせています。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)